家のこと

都心部のマンションを買うより田舎の新築戸建を買うという選択はありか

いつも読んでいただき有難うございます!今回は、家を購入するにあたっての考え方をまとめていきます!

まずは自分にとって何が譲れないかを考えてみる

賃貸に住むのか、新築マンションを買うのか、中古マンションなのか、新築の戸建なのか、中古の戸建なのか・・・家を買うって様々な選択肢があります。すごいお金持ちなら、この記事は読む必要はないと思いますが、平均的な年収の方などは、やはり相当迷う問題だと思います。

それぞれのメリットデメリットを書いてみます

  • 賃貸・・・すぐに引っ越しが出来る。借金(ローン)しなくていいので気楽。が、家の中は好きに使えない。老後も永久に家賃を払い続けないといけない。
  • 新築マンション・・・新しくて素敵。管理をしてくれるので楽。ヨーイドンで入るので、同じくらいの世代の入居が多いのでマンション内に友達が出来やすい。が、高い。
  • 中古マンション・・・新築マンション買うよりも断然安くてお得。だが修繕費などが上がっているし、手直しが色々必要になって来ているのでトータル考えると特とは言いきれない。周りの部屋の住んでいる方と揉める場合も新築マンションよりは多い。
  • 新築戸建・・・テンションはとても上がる。子供がうるさくても周りに気を使わずに済む。自分の物感が強い。が、高い。
  • 中古戸建・・・新築よりも安くてお得。住んだ瞬間から中古になるので、築浅だととてもお得。が、修繕費など思った以上にお金がかかる。

それぞれメリットデメリットがあります。場所や築年数、立地や周りの住んでいる人々にもよるので一概には言いきれません。これだけ多くの選択肢があるんだもん。悩んで当然です。

自分にとって何が譲れないのか

じゃあ、どうすればいいのか。まずは自分にとって絶対に譲れない箇所を書き出してみます。

  • 貯金が出来なくなるのだけは嫌だ
  • 子供の将来の為に教育環境がなるべく良いところがいい
  • 主人の通勤ができる範囲内

例えば、私はこの3点だけはどうしても譲れません。子供が小さい今が一番の貯めどき。お金が貯められないくらいなら、家はいりません笑 そしてあまりに田舎すぎて子供が少ない小学校に入れるのも、少し不安です。また主人の通勤は必須です。駅から近いか、バスが通ってないといけません。

買い物は、ネットショッピングでほとんどものは事足ります。最近はポチると次の日には届く世の中なので、買い物が遠いとかは、あまり苦ではありません。むしろショッピングモールが近いほうが、貯金が出来ないので、散財を防げる、少し離れているくらいがいいです笑

都心部付近でマンションを買うと資産価値はあります

実家が都心部に近いところにあるので都心部付近に家を買おうか悩んでいますが、それにしても高い。。資産価値はもちろんあります。私の実家はマンションで、18年前まで4,000万円で購入しましたが、18年経った今でも4,000万円で売れます。その代わり、固定資産税は年間30万、修繕費、管理費、駐車場代は合わせて6万円です。。

たけえよ父ちゃん!!笑

資産価値がとてもあるので6万円で住める。自分が亡くなった時に子供に資産として残す事が出来るのは都心部の大きなメリットですよね。ですがやはり土地が高いので、月々の支払いが大変です。先ほどの話の「自分にとって譲れない事」は貯金なので、都心部に住む選択肢はない気がしてきました。

土地の安い田舎に家を建てるとどうなるか

では土地の安い田舎に、家を建てるとどうなるのか。田舎ならまずマンションの選択肢はなくなります。マンション、ないですから笑 そして中古の戸建、これもあまり選択肢としてないです。自分の好きな間取りなどに出来ない上に、修繕費などがかなりかかってくるからです。なので田舎に家を買うなら新築戸建一択です。

土地を安く買って太陽光の家を建てる

田舎は車社会です。車でどうせスーパーもコンビニも行くので、田舎の中も市街地って結構土地の金額が高いですが、田舎の中の田舎を選択します。スーパーや病院が車で15分以内を探します。急な病気になった時に、救急車が来ないようなところまでの田舎はやはり不安なので選びません。

そして安い土地を見つけたら、工務店を探します。私は一条工務店が気に入りました。一条工務店が気に入った理由は、太陽光です。太陽光に力を入れていて、なんとカーポートまで太陽光を載せる事ができます。屋根自体が太陽光にする事が出来るんです。

そして最低60坪の土地を買って、平屋にし、太陽光をMAX搭載します。年々売電価格が下がっていますが、2018年現在で1kWh24円程です。契約して20年は確実にこの金額となっているので、60坪の土地に平屋でmax載せると、だいたい月平均4〜5万円は売電でお金が入るそうです。(私の一条工務店担当営業調べ)太陽光を載せるにももちろん費用や諸経費が必要ですが、土地が既に安いので、ローンが月々9万円だとしても実質5万円くらいで新築に住む事が出来るんです。

先ほど書いたように、私の実家は18年前に4000万で買って今でも4,000万で売れますが、固定資産税は高い、修繕費管理費駐車場代だけで月6万円です。かたや田舎を選択した場合は、新築の大きな平屋に実質月5万円で住めます。え、どっちが幸せなの?!笑

もちろん戸建てなので、数十年後に修繕費などもかかってくると想定します。が月々の支払いが安ければ、毎月貯金ができるので積み立てる事が可能です。私が譲れない事の「貯金」が出来そうな気がします。

敢えて都心部から離れるという選択肢

もちろん都心部にはメリットも沢山あります。が、田舎に住むメリットもかなり多いのではないでしょうか?空港から遠い?そんなに海外旅行行きますか?行きたい時に車を走らせれば、田舎からでもハワイには行けます。ショッピングモールが遠い?それって無駄なものを買わなくて済むのでむしろメリットだと思います。本当に必要なもの、欲しいものがあるときだけ車を走らせればいい気がします。もちろん田舎の土地には残念ながら資産価値はほぼありません。なので買ってしまったら期待する価格では売れないと思っておいて良いでしょう。

ですが毎月貯金が出来ないから将来が不安、子供の教育費はどうなるのだろうなどと不安を抱えながらも都心部に住むのであれば、心に余裕を持つことのできる選択をして見るのも良いのかもしれません。子供が生き生きと育ち、仕事があり、自分自身のストレスも消える、田舎はもしかしたらそんな夢の土地なのかもしれません。

ABOUT ME
あかり貯金生活
貯金を楽しく!毎月赤字家計から年間200万円を貯金できるようになった手法を余すことなく公開中!節約は楽しい!貯金は楽しい! みんなには今更聞けない事や家計簿を赤裸々に公開中です。